【衝撃】インド人もびっくりしたレトルトカレー『ナイルさんのチキンカレー』を食べてみた結果 → 日本人もびっくりした

インド人もびっくり。広く知られるこのフレーズだが、なぜインド人なのだろうか? インド人がびっくりするのはそんなに珍しいことなのか?

そこで調べてみたところ、元は1964年に放送されたS&B『特製エスビーカレー』のキャッチフレーズのようだ。つまるところ、カレーのウマさを表す比喩である。な~んだ。びっくりしたインド人はいないんだ……。と思っていたら、あるレトルトカレーにインド人がガチでびっくりしていたためお伝えしたい

・めっちゃびっくりするインド人

時はさかのぼり12月上旬、我々は日本語学校『ホツマインターナショナルスクール』に通うインド人留学生ラヴィに日本のレトルトカレー5つを食べてもらった。その模様はYouTubeで公開しているため、気になる方はご覧いただければと思うが、中でもラヴィが「すげえウマイ!」とびっくりしたカレーがある。そのカレーとは……

『銀座インドレストラン ナイルさんのチキンカレー(税込550円)』DA。

「このカレーはもっと食べたい」「スゴイ!」としきりに感動するラヴィ。え? そんなに? なんだかそこまで言われると気になってきた。というわけで、急遽私の分を取り寄せ食べてみることにしたぞ!

・さっそく作ってみよう

作り方は普通のレトルトと同じで湯煎かレンチン。6分ほど湯煎して用意したご飯の上にかけてみると……シャバババババ

と、カレーソースが米の隣に湖を作る。かなりサラサラしている模様。ラヴィが「匂いもすごく出ています」と言っていたので、オリエンタルな癖のある香りを想定していたが特に癖のある香りではない

「スーパーにあったらもちろん買う」とも言っているラヴィ。ここまでインド人が「ウマイ」と連呼するんだから、絶対ウマイに決まっている。しかし、はたして、どれくらいウマイのか? 私の文章力で表現できるレベルではないかもしれない。不安になりながらも食べてみたところ……

ん……?

念のためもうひと口……

マジかよ

ひと口食べた時、私はこう思った。「薄い?」と。それほどに出会い頭のインパクトは小さい。なんとなくスッと食べちゃったという味だ。そして、後からなんとなく辛さが口の中に広がっていく。なんとなく。こ、これは……

普通だ

めちゃくちゃ普通だッ!!!!!

マズイかウマイかで言えばウマイ。しかし、何というか、その辺のインド料理屋に適当に入ってもこれくらいのクオリティーのカレーが出てくるだろうという味なのだ

・日本人もびっくり

確かに、店の味をレトルトでここまで保っているというのはスゴイ。言い方を変えれば、店で出てきてもおかしくない本格派ではあるわけだから。ただ、そうだとしても……

インド人びっくりしすぎだろ! 逆にびっくりしたわ!!

(完)

取材協力:ホツマインターナショナルスクール
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【韓国・ソウル】銭湯みたい?SNSで話題の漢南洞のカフェ「on ne sait jamais」

銭湯みたいな内装のカフェ「on ne sait jamais」



異国情緒のある梨泰院から徒歩圏内にある漢南洞エリアは、オシャレなカフェや小さなショップが点在するエリア。そこに突然現れたちょっと変わったカフェが「on ne sait jamais」です。





一見すると日本の銭湯のような感じがしますね。ん?プールって感じも?このインテリアがSNSで話題になり、お客さんがひっきりなしに訪れる人気のお店になりました。





店名には「誰にも分からないこと」と言う意味を持つフランス語。店名の通り、席や楽しみ方に決まりはないので、思い思いにクッションを移動させたりして好きな場所に座るのが楽しみ方なのだとか。このゆるさがいいですね。

筆者たちは少し高くなったエリアにクッションを敷いて上からカフェを眺める感じで楽しみました。

好きな場所に座って手作りケーキに舌鼓





SNS映えするインテリアだけではありません。お店で出されているケーキは、全て手作り。様々なケーキが入れ替わりに提供されるそう。どれも美味しそうですね。



特に人気なのがティラミスなのだとか。開店当初からあるメニューで、エスプレッソを染み込ませたビスキュイと、マスカルポーネクリームが層になってふわっとした食感がクセになるそう。



ティラミスも気になりましたが、筆者は玉ねぎのような形をしたモンブランに釘付け!今まで見たことがない形です。一体どうなっているのかしら?



こちらがそのモンブラン。お店のオリジナルなのだそう。ふんわり柔らかそうですね。崩すのがもったいない。



思い切ってフォークを入れてみると、外側はメレンゲ、中には生クリームとマロンクリームがそうになっていました。通常のモンブランの逆バージョンという感じでしょうか。ふんわり柔らかくてあっという間になくなってしまいました。

オープンだから春には開放的に過ごせる



暖かい季節は大きな窓を開けてオープンな空間に。春は特に人気があり、開店と同時に満席になることも。風を感じながら美味しいケーキとドリンクをお供に友達とゆったりおしゃべりしながら過ごしたいですね。

on ne sait jamais
ソウル特別市 龍山区 漢南洞 684-101
(서울특별시 용산구 한남동 684-101)
営業時間:11:00~22:00(ドリンクメニューのみラストオーダー21:00)

[All Photos by Kaori Simon]

韓国・ソウルのカフェ特集では、このほかにも話題のタピオカ店から1時間行列に並んでも食べたい絶品卵サンドまでご紹介しています。お見逃しなく!

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

大阪生まれの美味しい食パン専門店「LeBRESSO」のトーストを実食レポ!

行列必須の食パン専門店&コーヒースタンド

「LeBRESSO」は大阪・鶴橋にお店を持つ食パン専門店&コーヒースタンド
「LeBRESSO」は大阪・鶴橋にお店を持つ食パン専門店&コーヒースタンドです。お店の名前のは、LEB(ココロ)、BREAD(ブレッド)、ESPRESSO(エスプレッソ)を掛け合わせた造語なのだとか。「心のこもったブレッドとエスプレッソを通して、日常の中にある小さなHAPPYをお届けする」という意味があるそう。

梅田駅近くの商業施設「グランフロント」にあります
今回訪れたのは、梅田駅近くの商業施設「グランフロント」にあるお店です。この日は土曜日ということもありましたが、かなりの行列ができていました。最後尾に並んで、メニューを決めながら待つことに。

列に並んでいる間に注文するメニューを決めます
メニューを確認すると、季節のトーストを除き、通常は15種類ほどのトーストメニューがあるようです。スタンダードのバタートースト、ジャムトーストから、ちょっと変わったトッピングを使ったオリジナルトーストまで、迷うほどあります。

「LeBRESSO BREAD」のトーストをいただけますよ

待っているそばからどんどん売れていました
もちろん、お店には持ち帰り用の食パンも売っています。写真の「LeBRESSO BREAD 650円(税込)」がお店のメインの食パン。これを店内でこんがりとトーストして出してくれるそう。待っている間にも多くのお客さんが来て、食パンを買って行っていました。

オリジナルブレンドのコーヒーにもこだわりが

オリジナルのミルクジャム
他にも、コーヒーにもこだわっていて、ブラジルやグアテマラ、エチオピアなどの豆をブレンドした「LeBRESSOブレンド 100g 850円(税込)、200g 1,600円(税込)」を店内では提供しています。もちろん、こちらも豆をお持ち帰りができますよ。また、オリジナルのミルクジャムもオススメなのだとか。

気になるトースト3種を食べ比べ!

みなさん複数のトーストを頼んで、シェアするそう
20分くらい待って、席に通されました。注文は前会計です。今回は2人で3種類のトーストを注文。お店の人曰く。みなさん複数のトーストを頼んで、シェアするのだとか。やっぱりいろいろ食べ比べたいですよね!

注文したトーストたち!
今回注文したのは人気があるという「厚切りバタートースト 390円(税込)」、「ペッパークアトロフォルマッジ 540円(税込)」、そして季節のトースト「ストロベリー&カスタードトースト 690円(税込)」です。どれもきつね色にこんがり焼けていて美味しそう!

「厚切りバタートースト」(税込390円)
お店でよく注文されるのが、「厚切りバタートースト」なのだとか。シンプルなバタートーストなのですが、何と言っても4cmの厚みがあるので、食パンのもっちり感をしっかり堪能できます。

ハチミツは瓶ごと提供されます
一緒にサーブされるハチミツをたっぷりかけて一口。

じんわりとバターとハチミツがしみています

もっちりした厚切りトースト!
じんわりとトーストにしみ込んだバターと、甘いハチミツが最高の組み合わせです。外はカリカリ、中はもっちりしたシンプルなトーストを味わえます。

「ペッパークアトロフォルマッジ」(税込540円)
「ペッパークアトロフォルマッジ」はモッツァレラ、ゴーダ、パルメザン、カマンベールの4種類のチーズを使ったトースト。トーストの上にこんがりと焼けたチーズが!そしてチーズが焼けた香ばしい匂いが食欲をそそります。

チーズとハチミツの組み合わせは最高!
こちらにもハチミツをたっぷりかけていただきます。しょっぱいチーズと甘いハチミツがいいコンビネーション!これは止まらなくなる!とろっと溶けたチーズが熱いうちにいただいてください。

「ストロベリー&カスタードトースト」(税込690円)
3つ目は「ストロベリー&カスタードトースト」です。こちらは2月までの季節限定メニュー。バニラ風味のカスタードクリームと、オリジナルのあまおういちごジャム、それに新鮮な苺がたっぷり乗っかっています。

甘いカスタードと苺の酸味がいいバランス!
可愛い見た目からして食べなきゃ!という気持ちになりますね。苺の酸味に、甘いカスタードが口の中でいいハーモニーを奏でます。たっぷりの苺に幸せな気持ちになれるトーストです。今のうちにぜひ食べてみてください!

もっちりした大阪生まれのトーストを食べてみて

ぜひ、店内で焼きたてのトーストを

「LeBRESSO」は東京や横浜にもお店をオープン。美味しいオリジナルの食パンを使ったトーストや、こだわりのコーヒーを関東地方でもいただけるようになりました。
もっちりとした「LeBRESSO」の食パンを使ったトーストを、ぜひお店で食べてみてください。幸せな気持ちになれますよ。

LeBRESSOグランフロント大阪店
住所:大阪府大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪うめきた広場 B1F
電話番号:06-6292-5460
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:不定休(『グランフロント大阪』に準ずる)Twitterを必ずご確認ください
HP:http://lebresso.com/

[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~